RSS | ATOM | SEARCH
企画展「一灯窯新作陶展2014」「ルンビニック・アーティスツ!」
〔 終了しました。〕
企画展(2展同時開催)
一灯窯新作陶展2014
2014年3月28日(金)− 6月30日(月)


ルンビニック・アーティスツ!
​2014年4月3日(木)− 6月30日(月)

開館時間10:00〜17:00(水曜日休館)《 入場無料 》


阿部 ちぐさ


佐藤 敬子

 
るんびにい美術館を運営する社会福祉法人光林会は、花巻市内で障がいのある人を支援するためのグループホームや入所施設、地域生活支援センターなどを運営しています。
光林会では、これらの事業所を総称して「ルンビニーの郷」と呼んでいます。

『一灯窯』は、そのルンビニーの郷にある手造りの穴窯です。
郷の一角に1988年に築窯され、障がいのある子どもたちや大人、施設の職員、そして地域の人たちも一緒になって作陶を楽しんできました。

三日三晩休みなく燃やされ続ける薪の炎から、焼き締めの味わい深い作品の数々が生まれます。今展ではこの一年に窯出しされた新作を展示。



Juko

初めての一灯窯展が花巻で開かれたのは1989年。本展では、当時から毎年多くの方が楽しみにしている作品販売もおこないます。
ビビッ!と目が合う作品があるでしょうか?すてきな出逢いがありますように――♪




八重樫 季良

そして同時開催の、こちらも恒例の展覧会「ルンビニック・アーティスツ!」
ルンビニーの郷には、独創的な個性を発揮する大勢の表現者たちがいます。ある者はアトリエで皆と共に、ある者は独り静かに夜の自室で。絵画、文字、縫い物、謎の物体…。彼ら、彼女らはそれぞれの時間と場所で、日々さまざまな創造物を生み出しています。


古川 美記子


武蔵 諒


熊谷 有真

今年2月に盛岡市で開催された、岩手県内の障がいのある人のための美術公募展「第17回いわて・きららアート・コレクション」。同展にはルンビニーの郷からも、個性的な表現者たちの作品の数々が出品されました。
今回の「ルンビニック」展ではこの出品作を中心に、ルンビニーのアーティストたちによる多彩な表現世界を紹介しています! 



 
author:museum-lumbi, category:企画展, 13:22
- -