RSS | ATOM | SEARCH
スペシャル対談&ミニライブ
Taka's Art Works 関連企画
 
スペシャル対談&ミニライブ
 




2013年11月17日(日)、るんびにい美術館で「スペシャル対談 松嶺貴幸×高橋博之&ALAINミニライブ」が、沢山の方のご来場をいただいて開催されました!
松嶺さん、高橋さんのこれまでの歩みをたどりながら、お二人が社会をよりよい場所に変えるための取り組みにどのように至り、どのような未来のビジョンを描いているかを語っていただきました。進行役はるんびにいアートディレクターの板垣。出演のお二人も来場の皆さんも、真剣に、そして時に愉快に笑いながら、充実した時間を共有しました。




幼い頃からウィンタースポーツに没頭し、高校時代はフリースタイルスキーの選手だった松嶺さん。現在27歳。
16歳のとき練習中の怪我で体の機能を奪われ、2年間の入院とリハビリの日々。周りで進学や就職をして行く友人たちをとても悔しい思いで見ていたという話。
その後多くの壁にぶつかりながらも意志の力で前進を続け、独り暮らし、渡米留学、一般社団法人「ランプ・アップいわて」の設立と、世界を広げ続けたこと。アメリカ留学を機に開眼したアーティストとしての活動、そして街のバリアフリー化の活動へと至り、多くの仲間とのつながりを広げていったこと。




対する高橋さん、39歳。
社会を批判しても行動はしない、という自分にある時決別し、社会を変えるための行動に自分を駆り立てた。無名の一青年が岩手県議選に挑み、企業・団体の支持を一切受けない選挙戦で2期連続のトップ当選を実現。
さらに震災後の知事選に立ち、選挙戦では人口が集中する都市部ではなく沿岸被災地を徒歩で縦断。知事選に敗れた後、東北、そして現代の人間の再生には命の始まりである「農・漁業」の新生から始めなければ、とNPO東北開墾を設立。現在「東北食べる通信」編集長として、命の糧が生まれる場所と都市社会を結び直すべく東奔西走する。




実は親しい友人同士である松嶺さんと高橋さん。お二人は高橋さんの知事選立候補・落選を機に出会い、「ランプ・アップいわて」の立ち上げで力を合わせました。

お二人が共通して目指すものは、あらゆる命が大切にされ、喜び、輝く社会。
そのために勇気ある行動を重ね続け、多くの人の心に火をつけ、仲間を増やしながら、大きなうねりを生み出そうとしています。
お二人のお話から、来場された皆さんの心に、力強い何かが確かに届いたのを感じました。




続いてALAINさんのライブ!気さくで優しい人柄が伝わるトークを交えながら、生き生きとして温かなリズムとメロディーで会場を包み込みました。もちろん、ランプ・アップいわてテーマソング「夢見る明日へ」も披露。
実はALAINさんも、モーグルのスキーヤー。松嶺さんとは高校時代からスキーを通じてつながっていました。ライブでは松嶺さんの事故の報を受けた時のことも話されました。
にぎやかなアンコールの拍手に応え、さいごにもう一曲!歌ってくださいました。

来場された皆さんの明日が、より輝くものになってくれたら…と願っています。





松嶺貴幸公式サイト
http://takayuki-m.com/
ランプ・アップいわて
http://rampupiwate.com/
クラウドファンディング《READY FOR?》:ランププロジェクト
https://readyfor.jp/projects/rampup

東北開墾公式サイト
http://kaikon.jp/
高橋博之サイト(議員時代の公式サイト)
http://hiro-t.com/index.html

ALAINブログ
http://alain-natural.blogspot.jp/
ALAIN「夢見る明日へ」MV
author:museum-lumbi, category:イベント, 18:42
- -