RSS | ATOM | SEARCH
企画展「蒲生卓也」

企画展
蒲 生 卓 也

 


蒲生 卓也「白い犬」(2010年)
 
2016年6月3日(金)− 9月2日(金)
開館時間10:00〜17:00
休館日 水曜日・第4火曜日(6/28、7/26、8/23)
《 入場無料 》

岩手県福祉基金助成

 

 


本展は、福島県いわき市に在住する蒲生卓也(1978− )がこの20年間に描き続けてきた世界に皆様をご案内します。

 

 

 


「アオクビアヒル」(1998年)

 


毎日祖父と一緒に、その日の出来事などを原稿用紙1枚に書く。20年ほど前のこのささやかな日課の内容が、文章からやがて絵に変化することによって蒲生の絵画制作は始まりました。彼は当時この描画を「勉強」と呼び、図鑑などを見て描いた様々な車両の絵を、翌日学校で担任教師に渡すのを日課としました。

 


「ムレハタタテダイ」(2000年)

 

 


「レッドクロウ」(2000年)

 


その後様々な出会いに触発されながら、しかし最も大きくは蒲生の内発的な衝動によって、彼の作風は大きく変容し続けてきました。
アクリル絵具とキャンバスという素材との出会いは、蒲生の制作に大きな変化を生み出しました。優しくたたずむ鳥や犬や猫たち。話しかけて来るかのような息づかいの花たち。彼が描く様々な生命は、いよいよ躍動するような精気に輝き始めます。



 


「花かご」(2008年)

 

蒲生の筆致を一つひとつ乗せたキャンバス。それはイメージの物象化としての「絵画」である以前に、作者の精神と画材との対話から誕生した「絵のような姿をした生命」とも呼べるような存在感を帯びます。
そして現在の蒲生が求めるのは、明確な色面同士の境界が失われ、小さな無数の色彩の点が溶けあい、遊ぶように響きあう世界です。

 

「バジスとグッピー」(2014年)





「蝶とチューリップ」(2014年)
 

 


自閉症と知的な障害のある蒲生は、幼い頃から多くの友人たちがその周りに集う存在でした。人を惹きつけてやまないそのやわらかく温かな人間の魅力は、作品にも宿るのでしょう。緻密なタッチで埋め尽くされた強い画面の奥には、慈愛のような深い温もりが満ちています。
日本国内だけでなく、2010年にはパリ市立美術館アル・サン・ピエールで開催された「アール・ブリュット・ジャポネ」展にも出品。作者の人間性と同じく、その作品もまた多くの人の心を惹きつけ続けてきました。


 

 

制作中の蒲生

 

 


 

 

 

「とり・鳥・トリ」(2014年)
 


蒲生の作品との出会いが、ご来場の皆様の心にやわらかくも確かな光を灯すことを願いながら、本展をお届けします。



 

JUGEMテーマ:展覧会
author:museum-lumbi, category:企画展, 12:16
- -
ルンビニック・アーティスツ!&一灯窯新作陶展2016
JUGEMテーマ:展覧会
企画展
ルンビニック・アーティスツ!

一灯窯新作陶展2016

 

武蔵 諒 (無題)

2016年4月1日(金)− 5月27日(金)
開館時間10:00〜17:00
休館日 水曜日・第4火曜日(4/26)
《 入場無料 》

 
るんびにい美術館を運営する社会福祉法人光林会は、花巻市内で障がいのある人を支援するためのグループホームや入所施設、地域生活支援センターなどを運営しています。光林会ではこれらの事業所を総称して、「ルンビニーの郷」と呼んでいます。

この郷には、独創的な個性を発揮する大勢の表現者たちがいます。ある人は皆と一緒に日中の仕事場で。ある人は独り静かに夜の自室で。それぞれの時間と場所で、様々な創造物が生み出されます。
今回の「ルンビニック…」では、去る3月に盛岡市で開催された障がいのある人のための公募展「第19回いわて・きららアート・コレクション」への出品作を中心に、郷のアーティストたちによる多彩でユニークな表現世界を紹介します。

 






工藤 みどり (無題)



佐々木 亜紀子 「哀愁レストラン」



古川 美記子 「カーラ師物語」

そして同時開催は、恒例の一灯窯新作陶展。1988 年にルンビニーの郷に築かれた穴窯「一灯窯」から、今年も新しい作品たちが生まれました。春の陶作品展は、20年以上にわたって続くルンビニーの郷の恒例行事。
花巻温泉を会場に始まり、後に場所をるんびにい美術館に移して現在に至ります。スタート当時から沢山の方から楽しみにしていただいている作品販売もモチロンおこないますよ。あわせてお楽しみください!



穴窯「一灯窯」の火入れ

 

山口 敦伊 (無題)




村井 洋 「ヌード」


 
author:museum-lumbi, category:企画展, 13:00
- -
君といたい 児玉小枝写真展−どうぶつたちの命と心をみつめて−
JUGEMテーマ:展覧会

企画展
 
 
君といたい

児玉小枝写真展
−どうぶつたちの命と心をみつめて−


会期延長
2016年1月22日(金)−年3月21日(月・祝日振替休)
開館時間10:00〜16:30
休館日 毎週水曜、1/26(火)、2/23(火)
《 入場無料 》
★★ 3月末まで、冬季営業となり閉館時間が16:30に早まります ★★

助成・いきいき岩手支援財団



 

「ラスト・チャンス!」児玉小枝 著 WAVE出版



どうぶつが好きな人にも、そうでない人にも見ていただきたいと願っています――


時に近く、時に少し距離をとりながら、私たちと共に生きるどうぶつたち。奔放な心と行動で私たちを笑顔にしたり、誠実にやさしく寄り添って私たちの心に温もりの火を灯してくれたり。
その一方で、人の社会の一員として暮らしながら人の言葉を持たず、ともすればその存在とその心の声はこの世界から簡単にかき消されてしまう。犬や猫をはじめとする私たちに身近などうぶつたちは、そんな存在です。



 

「どうぶつたちに、ありがとう」児玉小枝 著 日本出版社刊

 
フォトジャーナリストの児玉小枝は、どうぶつたちの命と心を見つめ続け、その声なき声を人の社会に伝える活動を続けています。
子どもの頃からどうぶつが好きで、タウン誌の編集者時代もどうぶつの取材にはひときわ力が入ったという児玉はある日、線路わきに無造作に捨てられた水色のビニール袋を見つけます。袋には「犬(死)」と書かれた貼り紙。中には赤い首輪をした白い犬。ゴミのように捨てられた命。
大きな衝撃と悲しみに打ちひしがれた児玉は、この出会いによってどうぶつたちの代弁者としての仕事に導かれていきます。



 
「同伴避難〜家族だから、ずっと一緒に〜」児玉小枝 著 日本出版社刊


 
時としてその野生ゆえに人の社会で疎外される異種の生物であり、一方で心を深く人と交わす大切な私たちの友だち、家族。彼らのあやうげな立ち位置は、私たちの心の曇りによってたやすく揺らぎ、崩れ去ります。どうやったら私たちは、君たちと一緒に生きていけるだろう。



 

「どうぶつたちへのレクイエム」児玉小枝 著 日本出版社刊



声なき命の声を聴こう。あなたの心は、聴き取ることができますか?その痛みも喜びも私たちが分かち合えるなら、人の世界は必ず今よりやさしく、私たちにとって生きる喜びの多いものになるでしょう。


 

「”いのち”のすくいかた〜捨てられた子犬クウちゃんからのメッセージ〜」
児玉小枝 著 集英社みらい文庫刊
author:museum-lumbi, category:企画展, 11:05
- -
きららアート巡回展@るんびにい美術館
JUGEMテーマ:展覧会

企画展
 
 
いわて・きららアート・コレクション巡回展

@るんびにい美術館


〈終了しました〉
2015年12月12日(土)−2016年1月15日(金)
開館時間10:00〜16:30(※12/27は14:00閉館)
休館日 水曜定休、12/22(火)
12/28-1/4 冬季休館
★★ 12/8より3月末まで、冬季営業となり閉館時間が16:30に早まります ★★
《 入場無料 》

主催:るんびにい美術館・協力:いわて・きららアート協会



 

「カラフルワールド」菊池 奈緒


毎年盛岡市で開かれている岩手県内の障害のある人のための美術公募展「いわて・きららアート・コレクション」の巡回展です。

 

「みず」伊藤 大貴


今年2月に開かれた第18回展から、入賞作品をご紹介します。独創性豊かな作品の数々を楽しみに、毎回多くの方が脚を運ぶ同展。多才な表現との出会いにご期待ください!




「動物」村井 洋


 
「一明の春のカレンダー」池田 一明




 





 



 

 

 


 
author:museum-lumbi, category:企画展, 10:36
- -
11/7 トークイベント
JUGEMテーマ:講演会のお知らせ
11/7(土)トークイベント
『きみも俺も明日も幸せに生きていたいのさ。だったら、どうする?』
を開催します!※参加お申し込みは→
【申込みフォーム http://goo.gl/forms/USmhei10iY】




 
★ ★ ★ ★


来る11月7日(土)午後3時より、るんびにい美術館で久しぶりのトークイベントを開催します。参加無料。

出演は、
毎日新聞論説委員で、薬害エイズやひきこもり、虐待問題などに取り組んできた野沢和彦さん。
岩手在住のアーティストで、街の画期的なバリアフリー化プロジェクト「ランプアップいわて」の代表をつとめる松嶺貴幸さん。
そしてコーディネーター役には、同じく岩手在住のエッセイスト・作家の澤口たまみさん、という顔ぶれ!



この世界には、「疎外」がある。
どこかで誰かが置き去りにされている。のけ者にされている。苦しめられている。
きみは大丈夫か。きみの家族や、友だちは。

今日、笑顔だったきみが、明日も笑顔でいられるように。
今日、泣いているきみが、いつか必ず笑顔になれるように。

いじめ、病気、事故、犯罪、先天的障害、貧困、老い・・・
そんなことで、誰も置き去りにされたりしない世界を作れないだろうか。
どんなことがあっても、幸せを諦めたりしなくていい世界。
きみの命を、最後まで絶対に大事にする世界。
泣いていた人も、かならず最後は笑顔になれる世界。

無理?ただの夢?

それを、このトークを聴きながら考えてみないか。
無理かどうかは、結局俺たちによって決まる。


 
★ ★ ★ ★


日 時  2015年11月7日(土)午後3時〜5時
場 所  るんびにい美術館
     花巻市星が丘1-21-29
参加費  無料(要申込み)
定 員  50名

お申し込みは【申込みフォーム http://goo.gl/forms/USmhei10iY】から
または、
〔お名前・住所・電話番号・メールアドレス(またはFax番号)・参加人数〕を記入し、以下のいずれかまでお申し込みを。
・e-mail:museum.lumbi@gmail.com
・Fax: 0198-29-5057
・はがき:〒025-0065 岩手県花巻市星が丘1-21-29 るんびにい美術館



 
author:museum-lumbi, category:イベント, 22:26
- -
企画展「グレート・ミクロ諸島を巡る旅」
JUGEMテーマ:展覧会

企画展
 
 
グレート・ミクロ諸島を

巡る旅



2015年9月11日(金)−2015年12月7日(月)
開館時間10:00〜17:00(※第4火曜日15:00閉館)
水曜定休《 入場無料 》
助成・いきいき岩手支援財団



 

峰山 冬鷲
 

本展でご紹介するのは、緻密・細密な制作を行なっている方々の様々な表現です。よく目を凝らして見ないと、その深遠な世界は見ることができません。

「大きいことはいいことだ」と言われた時代がありました。現在もその考えの影響は、私たちの生活に深く根を張っています。また多くの美術公募展においては、大きな作品が入賞する傾向があることも否めません。

 

大竹 徹祐



 
和田 恵利子



しかし、本展でご紹介する作者はそういった価値観や慣例に伍することなく、自分にあったサイズとして、支持体や画材を選び制作しています。そこに大きさに対する価値づけはありません。そしてそのことがとてもクールでグレートなことです。

 

熊田 史康




 
高橋 康一


細部への集中があらわれた表現という共通項はありますが、それぞれの目指すテーマは大きく異なります。年齢や制作歴も多様であり、あるいは身体や脳機能などに障がいがあったり、作者のプロフィールもまたさまざまです。



 
辰巳 公紀


 

菊池 宗晃

 
異なる自然や文化を持つ小さな島々を巡る旅のように、それぞれの多彩なミクロとその奥深さをご堪能いただけましたら幸いです。





 
author:museum-lumbi, category:企画展, 18:58
- -
わたしのなかには あなたがいる
JUGEMテーマ:展覧会
企画展
 
 
わたしのなかには

あなたがいる



2015年6月4日(木)−2015年8月31日(月)
開館時間10:00〜17:00(※第4火曜日15:00閉館)
水曜定休《 入場無料 》
助成・いきいき岩手支援財団



 

小野崎 晶 私のゲルニカ

 
心を温めてくれる誰かを想う。大切にしたい誰かを想う。そんな心のつながりから生まれる喜びは、たとえ「障がい」と呼ばれるものによっても失われることなく、人の魂の光でありつづけます。


手を握る、身体を抱きしめる。お互いの心と心をつなごうとするとき、私たちは身体に託してつながろうとします。

同じように、人はつながりたい誰かを「描く」ことで、その存在に心の中で触れようとすることがあります。描くことは時として手で触れる以上に、相手を心の深い場所で感じることを可能にするのかも知れません。



 

畠山律子 ともだち



その誰かとは、身近な親しい人かも知れません。遠い憧れの誰か、あるいは実在しないけれど確かに心の中にいる誰か――であるかも知れません。描くことによって人は、肉体の手では触れることのない存在にさえも、確かに心の指先で触れることができるのです。


 

冨澤富士子 無題



他者への温かな思慕を映したさまざまなかたちの作品。一人ひとりの作者の心を感じていただければ幸いです。あなたの心の中にも、温かな光がともることを願って。

 
はじめ 無題


 

高橋慶行 無題

 

昆弘史 人


 
JUGEMテーマ:展覧会
author:museum-lumbi, category:企画展, 16:40
- -
ルンビニック・アーティスツ!&一灯窯新作陶展2015
JUGEMテーマ:展覧会
 
企画展
 
 
ルンビニック・アーティスツ!

一灯窯新作陶展2015




2015年3月19日(木)−2015年6月1日(月)
開館時間10:00〜17:00(※第4火曜日15:00閉館)
水曜定休《 入場無料 》


 
るんびにい美術館を運営する社会福祉法人光林会は、花巻市内で障がいのある人を支援するためのグループホームや入所施設、地域生活支援センターなどを運営しています。光林会では、これらの事業所を総称して「ルンビニーの郷」と呼んでいます。

そしてこの郷には、独創的な個性を発揮する大勢の表現者たちがいます。ある人は皆と一緒に日中の仕事場で。ある人は独り静かに夜の自室で。それぞれの時間と場所で、日々さまざまな創造物を生み出しています。

武蔵諒 「東京ディズニーランド」(部分)



佐々木早苗 「無題」(部分)
 
去る2月に盛岡市で開催された、岩手県内の障がいのある人のための美術公募展「第18回いわて・きららアート・コレクション」。同展にはルンビニーの郷からも、個性的な表現者たちの作品の数々が出品されました。今回の「ルンビニック」展ではこの出品作を中心に、ルンビニーのアーティストたちによる表現世界を紹介します。


そして恒例、同時開催の一灯窯新作陶展。1988 年にルンビニーの郷に築かれた穴窯「一灯窯」から、今年も新しい作品たちが生まれました。

 



 
一灯窯は、ルンビニーの郷の穴窯です。1988年、郷の一角に職員らの手によって築窯され、障がいのある子どもたちや大人、施設の職員、そして地域の人たちも一緒になって作陶を楽しんできました。今展ではこの一年に窯出しされた新作を展示。初めての一灯窯展が開かれた89年当時から、毎年多くの方が楽しみにしている作品販売も行います。

味わい深い焼き締めの陶作品の数々。あわせてお楽しみください。




 
author:museum-lumbi, category:企画展, 11:18
- -
企画展「やさしい憧憬 −此処へ・何処かへ−」
JUGEMテーマ:展覧会
企画展
 
 
やさしい憧憬

−此処へ・何処かへ―


2014年12月4日(木)−2015年3月16日(月)
※会期延長になりました。
開館時間10:00〜16:30(※第4火曜日15:00閉館)

水曜定休・12/29-1/4休館《 入場無料 》

岩手県福祉基金助成

 

斎藤勝利 無題


 
一人ひとりの人の心の内にある、さまざまな光景。懐かしさや、あるいは憧れを喚起してやまない近くて遠い場所。それは記憶された実在の場所であったり、あるいはこの地上には存在しない理想の世界であるかもしれません。人の数だけの無数の光景がこの世界に散らばりながら、かつ永遠に他者の目には見えない一人ひとりの内的世界に秘められています。


 

小幡正雄 無題


しかし、この永遠に他者から秘められたはずの光景を、人は他者の五感に触れるものとして物象化させる術を持っています。その術を、私たちは〈表現〉と呼びます。図像として、立体物として、音響として、言語として。表現は、一人の内に秘められていた不可視・不可触なイメージと感情が、他者と共有されることを可能にします。


 

上甲瞳 「こころもよう」

 

野田雅人 「どれがお好きですか?」

 

小林靖宏 無題



誰かの内なる光景が、作品という表現を仲立ちに別の誰かの内なる光景となる。この体験を通して、私たちは互いに別個の存在として生きながら、その魂にとても近しい故郷を共に宿していることに気付くかもしれません。魂が人と人との様々な隔たりを越えて同郷のものであることを知るとき、私たちはより深く人間存在の肯定に至ることを促されるのではないでしょうか。


 

三橋精樹 無題



此処へ、何処かへ。人の魂は共にその寄る辺へと向かいます。
本展の開催にあたり多大なご協力をいただきました学校法人カナン学園、社会福祉法人カナンの園、社会福祉法人グロー、社会福祉法人当麻かたるべの森、特定非営利活動法人はれたりくもったり、最上町教育委員会、ならびに助成をいただきました岩手県福祉基金に心から感謝申し上げます。
author:museum-lumbi, category:企画展, 12:12
- -
9/28 舛次崇展ギャラリートーク開催しました
《9/28 舛次崇展ギャラリートーク開催しました》

写真は、カフェの人気メニュー「カタラーナ」を食べて満面の笑顔の舛次さん!

 


* * *

滋賀県のボーダレスアートミュージアムNO-MAのアートディレクター、はたよしこさんをお招きしてのトーク。
はたさんは、舛次さんの絵画制作を20年あまりにわたって見守り続けて来ました。
宮城からお越しくださった方もあり、ご来場いただいた皆さまの熱気が満ちるイベントとなりました。




舛次さんに「来館記念のサインを…」と色紙をお願いしたところ、サインではなく、カフェのコーヒーミルをその場で描いてくださいました!
来場の皆さんには思いがけないライブペインティングのお披露目。慣れない場所でこんなにすんなり描くなんて…と、はたさんもびっくりした様子でした。






* * *

舛次さんが通う、兵庫県西宮市のすずかけ作業所。はたさんがアール・ブリュットと呼ばれる表現に深く関わるきっかけとなった場所でした。
押しかけボランティアとして絵画クラブをスタートしたはたさん。舛次さんとの出会い、そして一つひとつの作品をどんなふうに舛次さんが手がけていくのかをお話しくださいました。






参加した皆さんから沢山の質問も寄せられ、大盛り上がりのギャラリートークでした。
はたさん、舛次さん、ありがとうございます!(アートディレクター・板垣)
author:museum-lumbi, category:企画展, 18:35
- -